旅行・地域

2013年9月 1日 (日)

バリ島へ その16(1/29)さらば、バリ!。。

1月29日の朝。。ごはんです

001_003


                001_001


最後まで、スイカジュースが

二日目の部屋は、館内のかな〜り端っこだったんで、
かなり歩きました   〜〜 〜〜〜 〜〜〜〜

001_009

001_005

001_011

001_012

で、もう食事の写真しかありません(爆)
お昼です

1_001

1_002

1_005

レストラン内の風景。。

1_008



1_009

1_010

1_011

さてさて。。

実は、お迎えのクルマに関しては、
少々ヤバい事があったのです。。

「○○時までに空港に!」というのは、
現地スタッフの方から聞いていました。

ボクらを迎えに来たクルマの運チャン(バリの人)が、
もう一人の人を待って(1時間後に)出発する、と言う

でもそれでは、約束の時間に間に合いましぇ〜ん

運チャンには、身振り手振りと片言の英語で、
現地スタッフの方に電話してもらいました。

彼女に事の次第を伝えると、
現地語でその運チャンにボクらをすぐに空港に連れて来るように言ってくれました。

おかげで、時間通りに空港に着く事が出来ました。


お世話になった、H.○.S.の現地スタッフの方と空港で



002_001

そんな訳で、なんとか手続きも進んでいき、
「あ〜やっとこれで帰れるなぁ〜」って少しずつ実感。

いろいろあった旅だけど、楽しかったなぁ〜って、
今になって思えば、貴重な体験も出来、
忘れられないバリ旅行となりました。


経由地、シンガポールのチャンギ空港です。
さすが、ハブ空港だけあって、
夜中でも昼間のように人が闊歩しています


2_001_2



2_002_2


2_003_2



2_004

日本行きのウィングは一番端っこなので、
空港内電車に乗って行かないといけなくて。。


と、そんな訳で、
30日の朝8時に無事、セントレアに戻ってきました。

写真があると思ったのですが、
この時のものはぜ〜〜んぜん残っていなくて。。

なんと、2年半以上前の旅行記をまとめあげましたがぁ〜
ちょっと駆け足というか、記憶も写真もどっかへ吹っ飛んでいて、
イマイチな感は否めませんが、まぁ、こんなモンでしょう

お疲れさまでした>自分





バリ島へ その16(1/29)さらば、バリ!。。  

        最終回 終わり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月29日 (木)

バリ島へ その15(1/28)最後の夜。。

もう一日、滞在になったぁ〜

という事で

この日の夜は、日本料理店(ホテル内)での食事も“無料”となりましたので、早速、伺いました。

なぜか、専属バンドが。。
リクエストにお応えします。。って感じで微笑みながらすり寄ってきました(爆)

006_001


それぞれのお客さんを回りながら、
有名ないろんな曲を演奏し、唄います

さすが、お店に入ってるバンドさんだけあって、
まぁまぁ上手いです

006_002

ボクらの所にも、やっぱり来ました
「日本人だろ?なんかやってやるから言ってみろ」 的な、
感じで言ったようでしたので。。←ほんまかいな。

クラプトンの“Tears In Heaven”やってちょっ 
て言ったら、やってくれましたねぇ〜〜

まぁまぁ良かったです

それにしても、ギターのあんちゃん(ボクの右側)、
弦1本ないじゃんか〜 器用に弾いてましたがぁ〜
張り替えなよ 商売なんだから

006_003

どういう訳か、料理の写真を撮り忘れてました
握り寿司や創作料理ほか汁物など。。ちょっとした日本食のバイクングになってました。

料理人の方は、日本人ではなかったです。
そのせいか、どことなく輪郭がハッキリしない“味”でしたね。
もう少し!って感じでした。

思い出したように、デザートの写真撮ってます(爆)

006_004


という事で、美味しくご飯をいただきました。

さぁ、明日は飛行機は飛んでくれるのかなぁ〜




バリ島へ その15(1/28)最後の夜。。    終わり
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月28日 (水)

バリ島へ その14(1/28)まちぼうけ。。

それでは、メリアバリの朝です。。

001


    002


003


004


006 007_3


008

009

それでは、レストランに行きましょう

011


         012

014


015

バリに来てから、とにかく食事が美味しくて。。
ついつい、いっぱい食べちゃって
その代わり、日本に居た時とは違って、間食はぜ〜んぜんしませんでしたよ

この日は、夕方に出発予定で、お迎えが来るし、ホテルも町から少し離れてるので、無理せずホテル内でぐだぐだ過ごす事に。。

という事で、お昼のメニュー(爆)
011_4  012_2


013

ちょっとホテル内を散策しました  〜〜

このホテルは、この庭の向こう数100m歩くとビーチがあります。庭が広いですね。


015_2

ホテル内に戻りましょう。


016_2


           017


018

         019_2


020_2


021

そんなこなで、もうお迎えが来る時間が近づきました
この部屋で。。ベランダで、また記念写真をば

016


荷物をまとめて、ロビーでお迎えを待ちます。

019


もうこのホテルともお別れです。
昨夜は暗くて撮れなかった天井の絵も携帯で撮りましょう


020

でも、なんかヘンです。
そろそろお迎えのクルマが来てもいい時間なのですが。。


024

025

ホテルの人に問い合わせます。
日本人担当の方が居なくて、上手く伝えられませんでしたが、
片言と身振り手振りでなんとか通じ。。
どうも、「Youたちのは飛ばない」という事のようです

え〜〜〜 今日もかよ〜〜

ほどなく、現地スタッフの方から連絡があり、
まだ噴煙の状況が悪く、この日もダメだとの事。
彼女は前日も深夜まで状況把握に走り回ってくれたのですが、
この日も情報が交錯していて、
確認作業に時間がかかったそうです。

それにしても、日本人スタッフが居るのは頼もしい限りですね。

さぁ、明日は帰れるのでしょうか



バリ島 その14  まちぼうけ。。      終わり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

バリ島へ その13(1/27)慌ただしくも優雅に時は流れ。。

これまでの「グランドミラージュホテル」は、
いわゆるリゾートホテルで、長期滞在者が多く、
白人系の方が多くて、東洋人は少なかったです。

日本人では、親類縁者で来ていたグループが1組。
シーウォーカーでご一緒した、現地在住で他のホテルに勤務している女性(ブログでいろいろな情報を発信しているとか)くらいしか気づきませんでした。

あと、外国に行くと必ず目につくというか眉をひそめたくなる中華系の方々ですが

新婚旅行と思われる1組しかおらず、おかげで、ゆったりと、とても“静かに”リゾートを満喫できました

で、急遽あてがわれた、ホテル「メリアバリ」は、大きく豪華なホテルですが、リゾートというより、大型観光ホテルという感じで団体客も多かったです。

例の国の方々も多く、落ち着いて居られない事もありました。
公衆の場では、静かにエチケットを守ってほしいものですね

という事で、ざっと写真で紹介しましょう。

まずは部屋です


016_009

012_2226_002


          012_2226_007


                      012_2226_005


012_2226_009

012_2226_008


012_2226_012


レストランに、ご飯を食べに行きましょう。
ビュッフェ方式でした。

あ、ボクらは、お金は要りません
当然ですが、航空会社が払ってくれますので

015_001

014_001

014_005

この時、食べ物を取って席に帰って来たら、
ボクらの席に○国人の子供が居座って何かを食べていて、
目が点になりました。

その子の親は、横のテーブルに居たのに、
ボクらには何も言わず(謝らず)、子供を引き寄せました。

なんたる厚顔さ

ほんと、申し訳ないけど、何度もそういった思慮の欠片もない行動を目撃、場面に遭遇しているだけに、彼の国の方に好感は持てません全ての方がそうだとは思いませんが。

前のホテルで5日間居る間、一度たりとも感じなかった感情を、
このホテルに来て数時間で味わってしまった

でも、想定外の良いホテルだった訳で。。
せっかくなんだから、そういう事は忘れて、良いホテルを楽しむ事に徹しよう と、考え方を変えました。


ロビーに面した(オープンなので)カフェ(?)でウエルカムドリンクをいただきましょう


016_008


016_006_2

016_004

016_005


                016_003


015_013

015_011

        015_004


慌ただしくも、いつのまにかバリの空気のおかげか、
優雅に時は流れるのでした



バリ島へ その13(1/28)   終わり


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

バリ島へ その12 火山が噴火ぁ〜〜?。。

その日、インドネシアのある火山(ここ)が噴火して、

030_funka


噴煙が上がったのですが、ちょうど飛行経路にあるらしく、飛べないという。

ボクたちは、シンガポール航空で来たため、デンパサール空港から一旦、シンガポールのチャンギ空港まで行き(その1参照)、セントレア行の便に乗り換えという事だったので、ちょうどブロモ山方向に進む経路だったのです。

Img_0155

もうひとつのガルーダインドネシア航空の成田直行便は欠航とはならなかったので、この時ばかりは“あっち”の航空会社はいいなぁ〜〜なんて思いました

なにはともあれ、一旦空港に入り、手続きをしたら、そのままUターンでまた外へ 〜〜

日本人スタッフの方が携帯電話を貸してくれ、自宅へ連絡させてくれました。

ちょうど金曜日に帰って、土日と休めるスケジュールだったので、1日延びても、まぁいっか〜的な安心感もありましたが、火山噴火の影響という事もあり、家族には心配かけないよう注意して話しました。

スタッフの方は、その後、ホテルに着いたあとも詳細(その時はまだ情報が混乱していました)について報告をしてくれたり、心配事について対応してくれたりと、すごく助かりました。

さぁ、航空会社が用意するホテルへバス移動です。

かなりの人が移動するので、バスを何台か待ちましたが、そのあたりの対応は早く意外にもスムーズでした。

つい今しがた来た道を逆走して行きます。

日本へ帰れずガッカリな感じと、どんな酷いビジネスホテル(勝手にそう思ってました^^;)に案内されるんだろう、っていう不安。

でも、またバリを楽しめるじゃん っていう期待が入り交じった複雑な思いでバスの外の町を眺めてました。

少し走っていると、ちょっと街はずれの、大きな門で区切られた地区へ入って行くではありませんか

え?まさか。。けっこういいホテルかも!!

メリアバリという、前のホテル とは違った意味で大きくて豪華なホテルでした。

多くの“難民”受け入れの。。チェックインが長々とすごく時間がかかりました。
ボクらはほとんどすぐ終わったのですが

と、言う事で、チェックインも済み。。
部屋に案内され、少し落ち着いた後、館内を少し散策しに部屋を出たら。。

013_003

可愛いお出迎えの踊りに遭遇しましたぁ〜〜


バリ島へ その12 火山が噴火ぁ〜〜?。。 終わり
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

バリ島へ その11 え!? どういう事??

バリの観光ガイドをしてくれたアリヤさんが、
夕刻、予定通りホテルへ迎えに来てくれました。

025f

空港に向かう途中、最後のスケジュール?の。。
免税店に寄って、軽食をいただき、

017e   019e

この旅行で、嫁がとっても気に入ったもののひとつが

018e

すいかジュース
です
ほんと、これ、なかなか美味しかったです

022e

入り口、ロビー(?)付近。。
とくに意味ないですが、“らしい”絵柄です

という事で、お土産を少々買い。。
デンパサール空港へ向かいましょう


道すがら、最後のバリを楽しみます

023f


024f


空港敷地内に入ると、
駐輪場にはバイクがい〜〜〜ぱい

             026fb


バリに到着した時にガイドさんを待ってたあたりでしょうか。。
あれは夜。雨が降っていたっけ。。

027f

028f

空港に到着しました!

最後にお世話になったアリヤさんとハイチーズ

029fb

と、ここでアリヤさんとはお別れとなりましたが、
彼から、現地の日本人スタッフの方が居るので、
その後の事はその方から話を聞いてほしいと言われました。

鈴木京香似の美しいスタッフの女性は、
眉間に皺を寄せ、やや早口で、しかし、ハッキリとした口調で、
事の次第をボク達に告げるのでした。。

「お客様の乗る飛行機は、今日は飛びません」




バリ島へ その11 え!? どういう事??  おわり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

バリ島へ その10 さらば、グランドミラージュ。。

と、言う事で。。←意味分かりませんけど

このブログを締めくくるにあたって、
「バリ旅行記」をまとめておかないと、って事です

記憶もかなりあやふやなので、細かい事はともかく、
写真とちょっとしたコメント程度で(で終わるかぁ?)書いていきたいと思います。

確か、亀の島から帰って、最後のオプション。。
シーウォーカーで遊びましょう

まずは、係のお兄さん(彼はこちらに来て5年だそうです)

016d
から、簡単な説明がありました。なかなかのナイスガイでした


001a
こんなふうにヘルメットを被って、
ただ海底をそろりそろりと 〜〜歩くだけ(爆)

それでは行きましょうか!
ホテルの前のビーチから小舟に乗って、
数100メートル沖に停泊しているボートに乗り移ります。

002a
ハシゴを使って海底へ降りて行くのですが、
海に入る寸前に、サポートの人がヘルメットを乗っけてくれます。
これ、海に入った時、顔の周りに空気を保つため、ズッシリと重たく作られてます。

003a      004a

海底は、岩場の周りに手すりが張り巡らせれてるので、
迷う事はありません。

インストラクターの方が写真を撮ってくれました

006a


007a

008a


シーウォーカーを楽しんだあと、一旦、ホテルへ戻り。。

009b

シャワーを浴びて、“最後の”お昼をいただきましょう
レストランに向かう途中。。完成してましたね

010b

さすがに、少し遅めに来たので、
人が少なくて、のんびりしています 〜〜

011c


                      012c


013c

                          014c


さぁ、このホテルともお別れです。
部屋で1枚写真を撮りましょう

015d

このあと、免税店に寄り、空港に送ってもらうのですが。。
あんな、とんでもない事態が待っていようとは
まるでドラマのような展開ですが(爆)
本当だったから、たまらない


バリ島へ その10 さらば、グランドミラージュ。。おわり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

バリ島へ その10以降。。

2011年1月23日〜30日。バリ島へ旅行したのですが、
その報告が「その9」でストップしたままでした。

実は、その日記を書いている頃、
写真ほかのデータを外付けHDDに保存していたのですが、
縦型のものを“パタっ”と倒してしまい、
読み出し不能になってしまいました

で、写真が取り出せなくなり、どうしたものかと。。

いろいろ手を尽くし、その復旧作業などに時間を取られつつ、
なんとか写真ほかのデータを9割ほど取り戻しました。

が、

そのうち、ライヴの練習が始まり、本番も始まったりとかで、
書くタイミングを逸してしまいました

今回、このブログ書籍化しようと決めました。
そうなると、あれ(バリ旅行記)は、どうしてもしっかり終えておかないといけない、という思い。

そして、こんなブログでも検索をかけて、読みに来てくれる方が多く居られるという事実。
そんな方達のためにも、中途半端なまま終えるのは心残りなので、この休み中に写真を探しつつ、後始末をしようと思います
という事で、


これまでの旅行記1〜9は以下のリンクからどうぞ。
バリ島へ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

1109 京都観光 その2 金閣寺。。

南禅寺の次は、ボクのたっての希望で。。
『金閣寺』に行く事に~~

なんか。。あんたら。。

修学旅行かよっ(爆)


おおーーー大文字焼きの~~あと~~

000

てことで、“あの”金閣寺へ~~。。レッツらGo~~~
どっかで聞いたような。。

001_2

002_2


       003_4


004a

004b

004c

004d

ほんと、紅葉が綺麗ですね~

ほどなく、目の前の池越しに。。

005a

005b

南禅寺では、曇りか雨だったのですが、
ここに来たら、太陽が出てきました。
実に素晴らしい輝きです

まさに、息を飲みますね


                006b


裏手に周って、鳳凰を捕らえました

006a

最後は、どうしても食べたくなりました

007a

金箔のかかった、金箔黒胡麻団子は。。食べる前に。。
見とれてしまいました


007b


007d_2


今回、前乗りの1日を使っての京都観光という事で、
2ヶ所に絞ったので、余裕で周れました。

今度来る時は、違うところへ行きましょう ~~~ 。。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1109 京都観光 その1 南禅寺。。

先日報告した「2012 好きやねん~」の前日、
京都観光をしたのでしたぁ~~

紅葉には、ちょっと早いかな~って思いましたが、
まずまずの綺麗な紅葉を見れました

という事で。。

毎年、「好きやねん」のあと京都を訪れる、
ぴーすけ(珈琲貴族)さんに、前もって見所を教えていただき、
それを参考にズバリ2ヶ所に絞って、レッツらGo

まずは、京都の東。。『南禅寺』に。

001

さすが、金曜日。
それほどの人出はなく、小雨が時折降ったものの、
かえってお寺回りにはよかったかもでした

で、お昼時だったので、
まずは、お豆腐でも食べようと。。


002


       003_3


嫁とsimちゃんとで相談した結果。
「おてまえ豆腐」(自分たちで豆腐を作る)をいただく事に。

004
               ↑
            このように作ります

5分かき回した後、火を止めて、にがりを入れ、8の字に回す。


005_2


そして、ふたをして、また5分。。
じっと待つのじゃぞ。。どっかで聞いたような(爆)


        006


けっこうな、お手前で。。


              008


いや~、作りたてのお豆腐、美味しかったです


という事で、あとはお寺のほうへ。。

写真ばっかの羅列ですが。。紅葉をお楽しみください

009a

009b

009c


010

012a

012b_2

012c

013a

013b

014a

014b


       014c


015

016

009

017

018a

018b

019a 

このあとは。。金閣寺に~

| | コメント (0) | トラックバック (0)